文字サイズ変更 サイズ中 サイズ大 サイズ特大 サイトマップ Liberty, Intelligence,Our Nation's Safety

トップページ > クラブ紹介

クラブ紹介

 恵庭ライオンズクラブの歴史と主な活動内容をご紹介します。

日本のライオンズクラブ

 日本初のライオンズクラブは、当時なお険悪な対日感情を抱いていたフィリピンのマニラ・ライオンズクラブによってスポンサーされ、1952年3月に東京で結成されました。この恩讐を超えて人類の進歩と平和を願うライオンズ精神は、日本の指導者たちをいたく感激させ、以来わずかの期間に多数の会員を獲得し、現在では米国、インドに次いで世界第3位のライオンズ国となっています。
 現在我が国では、Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety のスローガンと、We Serve のモットーのもとに、多数のクラブ会員が活発にクラブ・アクティビティ(奉仕活動)を行っています。


恵庭ライオンズクラブ

恵庭ライオンズクラブのイメージ写真  恵庭ライオンズクラブは1964年1月19、千歳ライオンズクラブのスポンサーを受けて誕生しました。以後水と緑と花のまちである恵庭市のライオンズクラブとして、人と自然の豊かな暮らしを実現するべく、地域密着型の積極的な社会奉仕活動を活発に展開しています。また会員数も順調に増加し、現在では82名と北海道のライオンズクラブでも有数の会員数となっています。
 更に平成20年度にはライオンズクラブ国際協会 331-A地区の地区ガバナーを輩出し、恵庭市に留まらない積極的且つ多様な活動を行っています。

2017年度 会長スローガン 輪と和の心で ウィ・サーブ

恵庭ライオンズクラブは創立53年を迎え、今までの先輩ライオンの思いを重く受け止めながらも、新たな発想とおもてなしの心で、地域に共感を得られる奉仕活動を行っていきます。

重点項目
地域に密着した奉仕活動
ライオンズクラブの活動を地域の人達に広く理解してもらい、各種事業に参加協力をしてもらえるようPRしていく。
青少年の健全育成
未来を担う青少年の健全育成は私達の責務であります。
従来からの事業を継続しつつ、更なる支援事業を行いたい。
会員の増強
会員の増強はクラブの活性化に不可欠であり、入会候補者の発掘に努力する。

主な活動実績

交通安全指導車を恵庭市に寄贈
(平成2年度)
消防広報車を恵庭市に寄贈
(平成7年度)
モニュメント(歓迎塔)を恵庭市に寄贈
(平成12年度)
防犯暴追広報車を恵庭市に寄贈
(平成17年度)
ライオンズ杯争奪 少年野球大会
(毎年9月に開催)
ライオンガーデン事業
(花壇整備事業)
ライオンズの杜を恵庭市に寄贈
(平成22年度)
市内中学校2校へプロジェクターと大型スクリーンを寄贈
(平成22年度)
サイクリング用ヘルメットを恵庭市に寄贈
(平成22年度)
渡辺貞夫 チャリティコンサートを開催
(平成25年度)
駅前に時計塔を設置
(平成26年度)
公益財団法人 北海道盲導犬協会へ寄付
(平成26年度)
恵庭岳太鼓保存会へ寄付
(平成26年度)
えにわ湖クリーンプロジェクト2016を開催
(平成28年度)

※本年度の詳細な活動内容については、活動予定 及び活動報告 をご覧ください。

(C) 2016 Eniwa Lions Club - All Rights Reserved -